どもり 克服

どもりは治る

どもりで悩んでいる方というのはとても多いです。

 

ご存知ですか?

 

実に、人口の1%は吃音がいると言われています。
(特に男の子に多いようです。)

 

どもりの大体の子が2〜5歳の時にどもり始めます。

 

どもりというのは、大人になるまでに対処して改善しておかないととても大変な事態になってしまいます。

 

特に大人になってもどもり(吃音)が治らない場合には、仕事すら失われる可能性があります。

 

それは、入社試験の段階でコミュニケーション力の欠如ということで判断を下される可能性が高いからです。

 

とても成績優秀で大学も高学歴(東大など)でも普通に会社に落とされるということはあります。

 

それは、優秀=勉強ができる という基準はいまだに根強いものの、仕事ができるということにつながるかというのはまた違った内容だからです。

 

 

ちなみに、コミュニケーション力がなくてもできる仕事はあるでしょうか。

 

基本的に人とあまりかかわらない仕事というと、社会にでて働く場合にはほとんど皆無だと思われます。
(株やFX、インターネットを利用したサービスで自分で仕事をする場合には可能でしょう)

 

会社内部でのコミュニケーションが取れない場合にはそれだけで仕事が停滞してしまうからです。

 

子供のうちにどもりになってしまった場合には、できるだけ対処法をしっかりしてあげる必要があります。

 

 

吃音の医療の現状

 

吃音(きつおん)は医師から見放されている疾患です。
吃音に関する科は、小児科、耳鼻咽喉科、神経内科、心療内科、精神科となっています。

 

昔から吃音で悩まされている人は多く一般的な認知度は低いですが、知られている有名な疾患です。
ただ、吃音を専門にしている医師が国内にほとんどいません。

 

なぜ、医師がいないのか。

 

それは、吃音の原因がはっきりしないことと、完治する治療法が現状ないからです。
医者にかかると、内服薬、注射薬、手術を行いますが、これのどれを行っても完治に結びつくものがわからない状況です。

 

また、吃音というのは、がんや肺炎などと比べて致死的レベルに至る疾患ではありません。

 

吃音が発生するタイミングも一貫性がないため、研究が難しくなっています。

 

 

吃音の問題を解決しようと思っていても、できないということで、生み出された言葉があります。
「吃音は悪いことではない」
「どもっていてもいいんだよ」

 

という言葉です。

 

 

吃音患者のほとんどが隠して生活している

 

吃音の方は社会生活を行う上で、吃音であることを隠して生活しているひとがほとんどです。
吃音という言葉時代メジャーではなく、障害ということを認知しているひとはほとんどいません。

 

また、一般的に「吃音=悪いこと」「吃音は治すべきこと」という認識があるため、どうしてもどもりであることを受け入れてもらえない環境が多いからです。

 

どもりは治ります
と、うたっている商品があります。

 

どもりは、程度の差はあれど、治すことが可能です。

 

いま、このサイトを見ていあなた自身がどもり、もしくは、あなたの子どもがどもりかもしれませんが、病院などに行くと薬などを処方されてしまう可能性もあります。

 

自己流で治すことはとても難しいですが、メソッドなどを使うことによって比較的短期間に改善することができるようになってきています。

 

あきらめずに、改善していきましょう。

 

 

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム