吃音 動画

吃音の例・動画

吃音に悩まされる人はとても多いです。

 

その数は、なんと100人に1人なので、小学校でいえば、大体1学年に1人はいてもおかしくない計算です。

 

子どものころから吃音に悩まされ、吃音を改善しようと医師になったドクターのドキュメントの動画をご紹介します。

 

 

 

 

一般的な人の吃音の例をご紹介します。

 

 

 

ぱっと見ても、吃音(どもり)がないように思われるかもしれません。

 

しかし、吃音の人の特徴として、言葉が出てこないときに、他の言葉で言いかえたり、最初の言葉が出てこないときなどには、言葉が出しやすい単語を先に出して話し出すということをします。
なので、あのーあのーとか「あー」とか言ったりします。

 

動画のなかで「どもりーのーーー」など、途中の言葉を伸ばしたりということもあります。

 

この動画の方のレベルだと吃音だとはわからないかもしれません。

 

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム