どもり 医者

医者のどもりの治し方の方法は?

どもり・吃音の症状は現在では吃音症と診断された場合、病院やクリニックで治療を受けることができます。

 

どもり・吃音を治す方法は言語療法から呼吸法に加え、薬物療法などがあります。

 

どもりの症状は人それぞれであり、これといった明確な治療法が確立されていないため、自分に合った病院や治療法との巡り合いが改善へのきっかけになります。

 

どもり・吃音の薬物療法は主に抗不安薬や抗てんかん薬などが使われることが多いといいます。

 

こうした薬物療法は現在、言語聴覚士のいる耳鼻咽喉科で診断された場合のみ保険適用されるため、精神科や神経科、心療内科などでは吃音症だけの診断では投薬に保険がきかない現状があります。

 

同時にうつ病や神経症などを併発している場合は、そちらの疾病で投薬を受け、保険適用できるケースもあります。

 

どもりの治療には必ずしも薬物療法が必要なわけではありません。リハビリテーション科では言語聴覚士による言語聴覚療法などがあり、特殊な装置を使用して治療する方法もあります。

 

 

また、ゆっくりと一語を伸ばしながら話したりするような言語療法や、腹式呼吸などを訓練する呼吸法による治療法もあります。

 

病院での治療は、かかる科によっても重点を置くポイントが異なります。

 

神経科や精神科などでの治療は、主にどもりの原因を探るような心理的な部分に注目した治療内容が多いです。

 

うつ病などを併発していないかを診断し、カウンセリングや認知行動療法などの心理的治療を行います。
言語聴覚士のいる耳鼻咽喉科で治療を受ける場合は、言語訓練や発語のトレーニングなどを受けることができます。物理的に話し方の訓練ができます。

 

自分がどもりに悩んでいて病院を探す場合は、神経症を併発してないかを確認して的確な治療を受けることが大切です。

 

どもり・吃音は、自分は必ず治るのだという信念を持つことが大切です。特に大人になってからの吃音症は、治療・克服の環境が整っているとは言い難い現状があります。

 

高額の治療費をかけたり、高い矯正トレーニングに通ったからといって必ず成果が得られるものでもありません。

 

しかしどもりを実際に克服した人は多く存在します。諦めずに自分に合った訓練法を見つけましょう。

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム