どもり 改善

どのくらいの期間でどもりは改善できるものなの?

どもり・吃音の改善プログラムは大変多く存在し、その多くが早ければ数週間、時間のかかる人でも3ヵ月〜半年でどもりの症状を改善できているとしています。

 

人気の高い改善プログラムは、ステップを実践していくうちに3週間や6週間で改善できると謳っています。

 

多くのプログラムは自宅で空いた時間を使ってトレーニングするものが多く、ビデオや教材に従って1日10分〜20分程度のエクササイズを行うだけです。

 

自宅でできる改善プログラムは、その多くが元吃音症で悩んだ期間があった人が実体験を元に開発した商品です。

 

そのため吃音で悩んだ経験のないクリニックの先生とのカウンセリングよりも説得力があり、共感できる部分が多いと感じる人もいるでしょう。

 

そうした信頼が自分の改善への力となり、向いている人はこうした自宅でのプログラムで完治へと自分を導けることと思います。

 

どもり・吃音の改善では病院へ通う人もいるでしょう。保険適用できる治療が受けられる人はいいですが、民間のクリニックでは保険がきかない場合も多いです。
そうした場合は半年で20〜30万円ほどの矯正コースを勧められることもあるといいます。

 

お金をたくさんかけたからといって必ず治るという保証がないのも、吃音症の難しいところです。
自分の症状を分析して、適した治療を受けることがとても大切です。

 

特に大人になってからのどもりは改善に時間がかかるケースが多く、子供に比べて再発もしやすい傾向があります。

 

再発は様々なきっかけにより起こりますが、合わない治療のため続けられず中断してしまったり、自分はだめだという不安感からも再発を繰り返してしまいます。

 

子供のころからどもりで苦しんできた人は、その期間が数10年に及んでいる人も少なくないでしょう。

 

 

しかし、悩んだ期間が長く、色々と試しても良くならなかったという人でも、自宅での改善プログラムで数週間で完治してしまった人もいます。
どもり・吃音症の原因ははっきりと解明されていない点が多いため、自分で重症だと思っていても適した治療で思いがけずすんなりと良くなることもあります。

 

どもり・吃音は治らないと諦めず、克服してきた人の体験談なども参考にして、意識の切り替えをして改善に取り組みましょう。

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム