どもり 遺伝

どもりは遺伝するの?

どもりの原因は、現在でも明確なことはわかっておらず、必ずしも遺伝要素のみで発症するわけではありません。

 

しかし、近年になり「何親等以内に吃音者がいると吃音者が生まれる可能性は高くなる」という研究結果が発表されています。

 

例えば親や兄弟に吃音者がいる場合は、吃音者の子供が生まれる可能性はいない場合に比べて3倍ほど高くなるそうです。

 

自分にどもりがあったり、そのために子供にどもりの症状が見られた場合などは大変悩むことでしょう。

 

しかし、どもりは遺伝のみが原因とは限りません。どもりの親族がいない場合でも、どもりの子が生まれる場合もあります。

 

生活環境や周りの大人の対応によって、幼少期のどもりはかなりの高い確率で改善するといわれています。
子供にどもりの症状が見られないか観察するとともに、早期発見、早期治療することが大切です。

 

 

遺伝的要素が強いのは、特に幼少期のどもりについてといわれています。
小さい頃のどもりの症状は、本人がまだ無自覚のことが多いため、環境によってあっさり治ってしまうケースも多いです。

 

また、遺伝がなくても小さい子供は些細なストレスや環境変化でどもりの症状がでる場合もあります。
幼稚園に通うことになったり、下に兄弟が生まれての赤ちゃん返りなどでもどもりが見られる子もいるようです。

 

そうした場合は、本人に自覚させないように周りの大人は普段と同じように接し、できるだけ子供の心が安定するようにスキンシップを増やしたり、不安を取り除いて

 

あげるようにしましょう。

 

 

多くの子が自然と、数か月ほどで気にならなくなったといいます。親が不安がると、その不安は子供に伝染しますので注意しましょう。

 

どもりの遺伝要素はある程度はありますが、遺伝を心配するよりも、どもりになってしまった場合のその後の対応を準備しておくことが重要です。

 

親が心を広く持ち、子供がどもってしまうことで精神的に苦痛を感じないようにしてあげられるような環境を整えることが大切です。
どもりは自覚してしまうと、恥ずかしさや苦痛を感じ、話すことが怖くなってしまいます。

 

そうならないように、またそうなってしまってもきちんとしたトレーニングで改善することも可能なので、親が悲観的にならずに向き合うことが大切です。

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム