吃音 隠す方法

吃音を隠す方法

吃音である人の多くは、かくして生活しています。

 

たとえば、以下のような内容です。

 

  • 「あのー」「あー」「えっとーー」などを使う
  • 言葉の順番を入れ替える
  • 前置きの言葉を入れる
  • 言葉を選んで、どもらない単語を先に話す
  • 膝を叩いたり、腕を振る

 

などです。

 

最後の膝を叩いたり、腕を振るに関しては、これをしないと言葉を出せない人もいるため、飲食店で注文をする際に、手をばたばたさせて注文させる光景などをみて、
オーダーを聴く人が、怪訝そうな顔をしたりします。

 

「言葉の順番を入れ替える」、「前置きの言葉を入れる」ということを日頃からとても多く行っているため、語彙力などや頭の回転がとても鍛えられたりします。

 

しかし、言葉が見当たらないとどうしても言葉を発することができないため苦労をすることになります。

 

「「あのー」「あー」「えっとーー」などを使う」場合でも、「あのーあのーあのーあのー、私は、・・・」みたいな形になるので、見た目ではどもりではなく、
言葉を探している人に思えるのですが、どもりを隠すために「あのー」を連呼しているので、正確には隠せていないかもしれませんね。

 

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム