吃音 種類

吃音の種類について

吃音には種類があります。

 

大きく分けて3種類あります。

 

 

連発性吃音

 

あ、あ、あ、あ、あ、あ、ありがとうございます。

 

た、た、た、た、た、たなかといいます。

 

このように、最初の言葉を繰り返してしまうのを、連発性吃音(れんぱつせいきつおん)といいます。

 

 

難発性吃音

 

「・・・・・・・(しゃべろうとしている)」

 

しゃべりたいことがあるのに、言葉が適切なタイミングで発音できず、声がでない。

 

こういうものを、難発性吃音(なんぱつせいきつおん)といいます。

 

電話の時などででると、相手に切られてしまうこともあります。

 

 

伸発性吃音

 

「こーーーんにちは」
「あーーーーりがとうございます」

 

というように、言葉の最初の部分が長く引き伸ばされた発音になるということです。

 

これを伸発性吃音(しんぱつせいきつおん)と呼びます。

 

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム