どもりとは

吃音(どもり)とは?

どもりとは、医学的に吃音症(きつおんしょう)と呼ばれ、発語時に言葉が連続してしまったり、または思った言葉がなかなか出てこない症状をいいます。

 

例えば、「こんにちは」と言いたい場合、「こ、こ、こ、こんにちは」となってしまったり(連声型)、「…こ……(無音)」とその後の言葉が続かなかったり(難発型)、「こーーーーーんにちは」と頭が伸びて発音される(伸発型)ことを指します。
主に、人前で話をするときに言葉を発しにくくなることが多く、人前でなければ普通に話せます。原因は特定されておらず、多くは幼少期の2歳くらいから発生するといわれています。

 

吃音者は身体的障害と同様に、いじめの対象になったり、大人になってから円滑なコミュニケーションの障害となることから子供に吃音がみられた場合は心配になる親が多いでしょう。
吃音は意識しだすと余計にひどくなることから、大人になると自己紹介ができない、お店で注文ができない、電話がかけられないなどの支障があります。
こどもの吃音は無意識に発生しており、本人が意識してないうちに矯正することが大切だといわれています。また、意識しないうちであれば自然に治る確率がとても高いともいわれています。

 

 

吃音者は成人では0.8%〜1.2%ですが、5歳以下だと5%あるといわれています。

 

専門家である言語療法士が治療にあたりますが、現在は専門機関や専門家の不足が問題となっています。
治そうとすると余計にひどくなるというケースもありますが、ほっておいて良いわけではありません。小さいうちに適切な治療を受けることが大切です。

 

専門的な施設や、専門家(言語療法士、心理学や教育学の先生など)を探しましょう。

 

また、吃音は恥ずかしいという間違った認識から、症状を隠そうとする大人も少なくありません。
大人になってから、そうした恥ずかしい、隠そうとする習慣が身に付いてしまうと神経症やうつ病などの心を病んでしまう原因にもなるので注意が必要です。

 

吃音症は専門的に治療できる機関も少なく、完治させるまでの統一された治療法が確立していないという現状があります。
子供の吃音に気づいたら放置せずに、ゆっくりと子供の話を聞いてあげるように努め、親も正確な情報を見に付けるようにしましょう。

おすすめの治し方

おすすめのどもりの治し方に次の教材があります。 どもりは習慣的に訓練することによって対処が可能ということです。

→詳細はこちら、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム